犬・猫をはじめとするペットに関するマンガや小話をコラムで紹介

ペットタウンTOPみんなのコラム > 第41話 号外 猫ボランティアとは何か その4 ボランティアへの助けの求め方

コラム

第41話 号外 猫ボランティアとは何か その4 ボランティアへの助けの求め方

2017年02月16日 11:16

【これまでのストーリー】
2011年2月に保護猫の龍馬と凛子の里親になったところから始まった私の猫ライフ(第1話、第2話、第3話)。その2年半後に龍馬を脱走させてしまい(第5話から第22話)、1か月間の地獄の捜索体験の中で、多くの野良猫に出会い避妊去勢手術に関わることに(第23話から第26話)。それがきっかけで野良猫の悲惨な実態を知り、近所で見かけた野良猫の避妊去勢手術、保護、里親探し活動をする事になる(第27話から第38話)。その活動日記を第38話で一旦中断し、号外として急いで紹介したいトピックができた。
最近、ボランティアを誤解している人が多く、それによってボランティアは大変な苦労を背負い込んでいることに気付いた(第39話、第40話)。また逆方向の誤解も実はあると思う。
ボランティアさんに助けてもらった経験も、ボランティアとして助けた経験もある私だからこそ見えてきた両者の間の大きなギャップ。それを埋め長期的に不幸な猫を減らすという目標につなげたい。
第39話、第40話では一般の人がボランティアに抱く悪意なき誤解、悪意ある押し付けの事例を私の体験から紹介した。
押し付けられたボランティアも人間だ。人としてどんな気持ちになるか是非理解してほしいので、最近ネットで見かけた他の人の悲痛な叫びも紹介したい。

ある保護団体の話。
「助けてあげてという依頼が沢山来て対応しきれない。仕方なく断っても心配で仕方ない。断るとボランティアのくせにと罵倒される。また引き受けても医療費がかかるというと、やはりボランティアのくせにお金をとるのかと罵倒される。」

コラムニストプロフィール

Candy (キャンディ)

昔ながらのごく普通の猫好きだったが、里子にした保護猫の脱走をきっかけに、野良猫ボランティアの世界へ。新米ゆえに失敗の連続。それでも世界中から不幸な動物がいなくなるまで、命ある限り頑張る予定。

▲ページTOP

バックナンバー

▲ページTOP

ペットタウン特集

100px

[PR]LINE@はじめました!!

ペットタウンがLINE@をはじめました!!友だち募集中☆

100px

[PR]ペットグッズ専門フリマアプリ「Petimo」

スマホでかんたんに行えるペットグッズ専門のフリーマーケットPetimoは、ペットと過ごす時間を豊かにすることができるフリマアプリです♪

100px

[PR]【ポッチ&コミー】LINEスタンプ配信開始!!

ペットタウンキャラクター「ポッチ&コミー」のLINEスタンプ配信開始!!全40種 ¥120。「ペットタウン」と検索してね☆

100px

[PR]ペット保険を選ぶなら!?

姉妹サイト「ペット保険のおすすめ比較」では、犬・猫・その他動物が加入できるペット保険を比較し情報提供をしています。

ペットタウンを共有

タイムラインアクセスランキング

みんなのメモへ
はじめての方へ[ペットタウンについて]