犬・猫をはじめとするペットに関するマンガや小話をコラムで紹介

ペットタウンTOPみんなのコラム > 第36話 パンジー公園(仮称)の子猫達 その1

コラム

第36話 パンジー公園(仮称)の子猫達 その1

2017年01月12日 10:22

【これまでのストーリー】
2011年2月に里親として龍馬と凜子を迎えたものの(第1話、第2話、第3話)その後、自分の不注意で龍馬を脱走させてしまう(第5話から第26話)。
その捜索中に出会った沢山の野良猫に避妊去勢させることに関わることになり、悲惨な野良猫生活の実態を知る。その半年後、猫道と呼ばれる場所にて偶然猫の大群を見かけ(第28話)、人馴れした子猫3匹を保護して、2匹を知り合いに託し(第29話)、ひ弱な1匹は手放せずうちの子にしてしまう。(第30話、第31話)残りの猫は避妊去勢手術をしてその場に戻すことに。 本来は長年餌やりをしてきたメロンさんの責任だが、メロンさんは手術代を出せないと言うので仕方なく私が全て引き受けることに(第32話)。
しかし、なかなか捕まらないサビ猫のデビが妊娠してしまったり(第33話、第34話)、避妊去勢手術に反対するおじさんの妨害に遭ったりして苦労する(第35話)。捕獲を手伝ってくれた先輩ボランティアの助言により、デビの捕獲は出産後まで諦め先に他の猫を捕獲することになった(第36話)。

 

猫道の猫に最初に遭遇してから既に数カ月経過。デビの捕獲をとりあえず諦めたものの、まだ他にも避妊去勢手術が必要な猫が沢山いる。その子達のストーリーもまた山あり谷ありで、猫道の話はさらに長く続きそうなので、少し時間をもとに戻して、同時並行でかかわった別現場の話を先にすることにしよう。
そもそも私はこの時はまだ猫ボランティアを本格的にやるつもりはなく、猫道についてはたまたま通りかかって仕方なくやっていただけなのだが、その前に、近くの公園で餌やりをしていたシマコさんというお婆さんには捕獲の必要がある時は手伝うと言ってあった(第26話)。

コラムニストプロフィール

Candy (キャンディ)

昔ながらのごく普通の猫好きだったが、里子にした保護猫の脱走をきっかけに、野良猫ボランティアの世界へ。新米ゆえに失敗の連続。それでも世界中から不幸な動物がいなくなるまで、命ある限り頑張る予定。

▲ページTOP

バックナンバー

▲ページTOP

ペットタウン特集

100px

[PR]LINE@はじめました!!

ペットタウンがLINE@をはじめました!!友だち募集中☆

100px

[PR]ペットグッズ専門フリマアプリ「Petimo」

スマホでかんたんに行えるペットグッズ専門のフリーマーケットPetimoは、ペットと過ごす時間を豊かにすることができるフリマアプリです♪

100px

[PR]【ポッチ&コミー】LINEスタンプ配信開始!!

ペットタウンキャラクター「ポッチ&コミー」のLINEスタンプ配信開始!!全40種 ¥120。「ペットタウン」と検索してね☆

100px

[PR]ペット保険を選ぶなら!?

姉妹サイト「ペット保険のおすすめ比較」では、犬・猫・その他動物が加入できるペット保険を比較し情報提供をしています。

ペットタウンを共有

タイムラインアクセスランキング

みんなのメモへ
はじめての方へ[ペットタウンについて]