犬・猫をはじめとするペットに関するマンガや小話をコラムで紹介

ペットタウンTOPみんなのコラム > ちよだ猫まつり2016 【猫の譲渡会編】

コラム

ちよだ猫まつり2016 【猫の譲渡会編】

2016年02月25日 11:25

2月20日(土)と21日(日)に日本で初めて区役所を会場とした大規模なチャリティーイベントが開催されました。

最も興味があったのは
4年連続で飼い主のいない猫の殺処分ゼロだという点。

いったいどんな取り組みをしているのか、
とても興味を抱いたので、いざ会場の千代田区役所へ!


私が行ったのは21日。
天気が回復したこともあって、会場は大変多くの人でごった返していました。


会場はこんな感じ。

トークイベントまで、時間に余裕が。
そのころ、ちょうど譲渡会が開催されていました。

今すぐネコを飼う事が出来ない私は、
飼えないのに譲渡会に参加する事に今まで抵抗があり、未知の世界でした。
しかし、こういったイベントの譲渡会であれば、その様子が知れる!
行ってみようと思い、4階に上がるエレベーター前まで行くと、


ななななんと、120分待ちとの案内が!!

会場外までなら行けるということで、ひとまず行ってみると
長蛇の列!!

トークイベントに間に合わなかったら列から離れようかな、くらいで並びました。
15分30人入れ替え制。

思っていたより早い1時間弱で会場に入場!!

会場には約20匹ほど、正面からしか見えないように、布を掛けられたケージ内にいました。
引き取りたい!という猫がいた場合、申し込み用紙に記入して
後日面会等を経て新しい家族を決定するという流れになっていました。

この譲渡会は千代田区にある
一般社団法人ちよだニャンとなる会(今回のチャリティーイベントの主催)が行っており、
殺処分ゼロの取り組み3本柱の一つがこちらの会です。

この譲渡会の特徴は、子猫がほとんどいないところにあります。

 

一匹一匹には名前、生い立ち、対処したケアについての説明がきちんとされてました。
公園で親兄弟と暮らしていた猫や、多頭飼育崩壊の子など。

そういった、一匹一匹の事情をご理解いただける方に引き取って頂くべく、
関心をもった方にはきちんとスタッフさんが説明してました。


『寄り添って生きてきた2匹で、会場に来て弟ネコは兄ネコの姿が見えなくなったので
不安になったのか、ずっと鳴いてたんです。

ケージも初めは等間隔で並べたんですが、ケージを寄せ、お互いの顔が見えるよう布を少し開けたら安心して鳴きやみました。

この子達を引き離すことは出来ないので、2匹一緒に飼ってくださる方のみ申込みを受け付けてます』

過酷な環境で寄り添って生きてきた、そんな話を聞いちゃうと涙腺が…。

どうか、幸せな日々を次の家族と過ごして欲しいと願わずにはいられませんでした。

 

ちよだニャンとなる会では、不定期で譲渡会を行っております。
http://www.chiyoda-nyan.org/

ちよだニャンとなる会以外でも多くの場所で譲渡会を行ておりますので、もしご興味を持たれましたら、一度調べてみてくださいね。

次回はトークイベント編です☆

 

コラムニストプロフィール

わいサン

都内近郊を中心に活動するフリーライター。
実家で飼ってる猫をきっかけに、ペットに関するイベントや勉強会に参加して、小話として紹介している。

▲ページTOP

バックナンバー

▲ページTOP

ペットタウン特集

100px

[PR]LINE@はじめました!!

ペットタウンがLINE@をはじめました!!友だち募集中☆

100px

[PR]ペットグッズ専門フリマアプリ「Petimo」

スマホでかんたんに行えるペットグッズ専門のフリーマーケットPetimoは、ペットと過ごす時間を豊かにすることができるフリマアプリです♪

100px

[PR]【ポッチ&コミー】LINEスタンプ配信開始!!

ペットタウンキャラクター「ポッチ&コミー」のLINEスタンプ配信開始!!全40種 ¥120。「ペットタウン」と検索してね☆

100px

[PR]ペット保険を選ぶなら!?

姉妹サイト「ペット保険のおすすめ比較」では、犬・猫・その他動物が加入できるペット保険を比較し情報提供をしています。

ペットタウンを共有

タイムラインアクセスランキング

みんなのメモへ
はじめての方へ[ペットタウンについて]