犬・猫をはじめとするペットに関するマンガや小話をコラムで紹介

ペットタウンTOPみんなのコラム > ペット保護の聖地を訪ねて

コラム

ペット保護の聖地を訪ねて

2016年09月30日 15:31

今年も全国各地で行われた動物愛護週間のイベント。
遅い夏休みがちょうど動物愛護週間に被ることもあり色々調べているときに
とても気になった施設を発見しました。

『岩手県滝沢市の広大で自然豊かな敷地に人とペットの「聖地」を創る』

しかも、その広さは12万坪!東京ドーム約9個分!!
ペット保護の聖地として世界最大級の施設を目指す、と記されているではないですか!

その施設の名は【ペットの里】
いったいどんな施設なのか、お邪魔してみようと勝手に決めました。

盛岡駅からも車で約30~40分。
東北自動車道 盛岡I.Cより15km 約15分の場所にペットの里はあります。

地元の人でも、こんなところにこんな施設が!という感じ。
それもそのはず、オープンして2周年を迎えるところでした。

自然豊かな場所で岩手山を望むことができ、ペットだけでなく人にも環境がよさそうだな~と。

入ってすぐ左手の小屋?にインターホンがあることに気付かず、
右手の小型犬専用のドックランにいた人に声をかけると、彼はボランティアで施設に来ており、スタッフの人をわざわざ呼びに行ってくれました。

迎え入れてくれたのは女性スタッフと2匹のわんちゃん(ちゃー坊♂とチャコ♀)
わんちゃん達は挨拶も上手にでき、多少訓練されているのかもしれないな、という印象。

何も連絡せずに来たにも関わらず、対応してくれたその女性は1匹1匹ここに来た事情や性格、病気を持っている子に関してはその病気についてとても丁寧に話してくれました。
後から知ったのですが、代表の田中さんでした。

全国には助けたい!という気持ちで保護し、預かり先を探す人は多く、ここにいた犬猫も全国各地から空を飛んできた子が何匹かいました。


田中代表は元々岩手に住んでいたわけではなかったのですが、ゆかりのない岩手という土地を選んだのは、やはり広大な敷地にあったようです。
頂いたパンフレットには『行き場を失った全ての動物を救う気持ちでこの敷地を確保しました』と記されていて、その覚悟の大きさを感じずにはいられません。

建物は元々ここに建っていた建物を利用しており、犬は1頭1頭収容出来るようにケージが設けられ、猫は猫の部屋で自由に動き回れる感じになっていました。
訓練に関して聞いてみたところ、やはり多少訓練しているとのことで、新しい家族が迎え入れやすい体制は整えているようです。

人懐っこいこもいれば、シャイな子、逃げる子やお年寄りもいる。
私が訪れた時は犬が約25匹、猫が約10匹保護されていました。

ワンちゃんの中に、私個人が気になった子が。
悲しいかな、10年ともに過ごしたのに、飼い主の都合で飼う事ができなくなったからと、ここに飼い主自身が連れてこられたコーギー。
きっとお家を出るときは家族とお出かけ♪と楽しい気持ちだっただろうに、もう二度と迎えに来ないということを、分かっているんじゃないかというような寂しげな表情をしていたのが印象に残っています。

この飼い主がどこまで新しい飼い主を探す努力をしたかは分かりませんが、保健所に連れていくことだけは出来ずに、ここに連れてきたのでしょう。でも、やっぱり憤ってしまいます。

建物施設は他に物資を保管して置く場所や別棟には伝染病などで隔離せざるを得ない子たちが収容されており、外の施設には小型犬用、大型犬用のドッグランや散策コースなど設けられています。
設置された自販機はその売り上げの一部が寄付される仕組みとなっています。
正直広すぎて全体像は分からなかったですが、きっと田中代表の構想には色々描かれているんだろうな…と思いますし、楽しみでもあります。

残念ながら2周年のイベントまで岩手にとどまることが出来ず、残念でしたが、今年も大盛況だったようで、嬉しかったです!

 

様々なところで話を聞いてみたが、やはり「仕組み」をどう作っていくかが重要だと、今回も痛感しました。

殺処分0を達成している地域には仕組みが確立している。
以前コラムで記載した千代田区の話にしても、行政、病院、そしてこういった取り組みをしている団体が上手く機能していたからこそ成し遂げられていますし。

ペットの里でも殺処分0を目指し、試行錯誤しながらも2周年を迎えたことと思います。微力ながらコラムに記載することで、自分の県・市区町村ではどんな取り組みをしているのか、何か自分でも出来ることがあるんじゃないかと一度考えて頂くきっかけにつながればいいなと愛護週間に強く思いました。

いずれはドイツのティアハイムのような施設が当たり前になりますように…。

---------------------------------

貴重なお時間を頂き説明して頂いた、田中代表に御礼を申し上げるとともに
さらなる発展と目指すところへ到達して頂きたいと心より願っております!

---------------------------------

命を預かる施設、毎日の食事や病院などかかる費用はもちろんありますし、
捨てるものなら頂きたい!と支援物資の受付も行っています。
また、ペットの里では『里人会員』という制度を設けていますので、詳しくはこちらからご確認ください。


※ティアハイム…ドイツ国内に1000施設ある動物を保護する民間のシェルター。

5年連続殺処分0の背景:ちよだ猫まつり2016 【トークショー 後編】

コラムニストプロフィール

わいサン

都内近郊を中心に活動するフリーライター。
実家で飼ってる猫をきっかけに、ペットに関するイベントや勉強会に参加して、小話として紹介している。

▲ページTOP

バックナンバー

▲ページTOP

ペットタウン特集

100px

[PR]LINE@はじめました!!

ペットタウンがLINE@をはじめました!!友だち募集中☆

100px

[PR]ペットグッズ専門フリマアプリ「Petimo」

スマホでかんたんに行えるペットグッズ専門のフリーマーケットPetimoは、ペットと過ごす時間を豊かにすることができるフリマアプリです♪

100px

[PR]【ポッチ&コミー】LINEスタンプ配信開始!!

ペットタウンキャラクター「ポッチ&コミー」のLINEスタンプ配信開始!!全40種 ¥120。「ペットタウン」と検索してね☆

100px

[PR]ペット保険を選ぶなら!?

姉妹サイト「ペット保険のおすすめ比較」では、犬・猫・その他動物が加入できるペット保険を比較し情報提供をしています。

ペットタウンを共有

タイムラインアクセスランキング

みんなのメモへ
はじめての方へ[ペットタウンについて]